映画『ピンポン』の感想

卓球が題材ですが、主人公が大活躍する単純なスポ根モノではないし、監督のCGの技術を安売りするような間抜けな作品ではありません。ディズニーの英語システム 価格

勝負の世界に生きる人たちのぶあつ〜い人間ドラマです。糖ダウン

主人公を含め、脇役の人となりが丁寧に描かれているので、そのドラマにおもしろほどの厚みが生まれています。ケシミン 乳首

この作品、実は原作の漫画に驚くほど忠実です。ぜいたくレッドスムージー

セリフの一言一句も忠実に再現されています。平均16万円お得な【車買取(ウルトク)】

卓球シーンは原作では松本大洋の独特の描き方がなされているが、それを監督が咀嚼して、監督なりの得意分野で十分それが表現できています。貯金・節約

尺の関係上、削っている部分もあるにはあるのですが、なくてもいい部分だけを的確に削っています。お金を借りるおすすめの方法

配役も実に見事。

それぞれのキャラを演じた役者陣が、原作のそのキャラ以上にそのキャラを強烈に演じています。

原作漫画を読んでから、この映画を見てほしい。

より演出・脚本の妙が楽しめるはずです。

スポーツモノの邦画としては、かなりの出来だと思います。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.orchestrionrecords.com All Rights Reserved.