アレルギー症状を抑える療法

アレルギーの治療法の1つに、減感作療法と呼ばれるものがあるそうです。ライザップ 池袋

もともとアレルギーの治療は、症状を抑える対処療法が主流です。ライザップ 千葉

一時的に表れている症状を薬で抑え、その後はアレルゲンとの接触を断つことでしかアレルギーを抑えることはできないのです。

ところが、減感作療法は少し内容が異なります。

減感作療法と呼ばれる療法では、敢えてアレルゲンの摂取を行うそうです。

もちろん無闇に摂取するのではなく、医師の指導の元でごく微量のアレルゲンの摂取から始め、段階を踏んで少しずつ摂取量を増やしていくそうです。

これは食物アレルギーの治療で用いられることが多い方法らしいのですが、最近では花粉症に対してもこの療法を行うケースが少しずつ増えてきていると聞きました。

ただし、減感作療法には長い時間がかかります。

少しずつアレルゲンに体を慣れさせていくので、年単位での継続治療が必要なのだそうです。

途中で減感作療法を辞めてしまうと以前よりアレルギー症状が重くなってしまうこともあるようなので、本当に心の底からアレルギーを抑えたいと思っている人ではないと取り組むのは難しいかもしれません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.orchestrionrecords.com All Rights Reserved.